社会人コリンズの業務報告ブログ

仕事や生活についての色々を報告するブログ

*

家庭用蓄電池を活かした蓄電池システムで電気代の節約を

   

家庭用蓄電池が普及している背景には、近年の節約志向の高まりや、自然災害への懸念があります。

以前であれば、蓄電池システムは法人や医療施設のみが所有しているものでした。

しかしながら、家庭用蓄電池の開発が進み、導入しやすい値段に落ち着いてきています

また、電気代への有用性に注目が集まり、メーカーとしても見逃せない存在となっていったのです。

家庭用蓄電池が電気代を節約するためには、太陽光発電と組み合わせるのがベストな選択です。

日中に発電したものを蓄電池システムを介して貯蔵することにより、電力を大きく抑えられます。

昼間に誰もいないような家であれば、電力会社からほとんど電気を買わずに済ませることも可能です。

また、昼間に蓄電池の電力を使って、夜間に比較的安い電気を使うといった方法も考えられます。

停電などでも使用できる蓄電池

また、家庭用蓄電池はライフラインとしての側面も持ち合わせています。

自然災害などによる大規模な停電は、日常生活に大きな支障をきたすものです。

そんなときこそ、蓄電池システムを通して貯められていた電気が役に立ちます。

機種にもよりますが、丸1日持つものも多く、スマートフォンの充電くらいなら、まったく問題ありません

家庭用蓄電池は定期的なメンテナンスや買い替えが必要となります。

当然ながら新製品ほど性能も向上しますので、より確かな蓄電池システムを構築可能です。

電気代の節約とライフライン確保のため、家庭用蓄電池を導入していきましょう。

http://家庭用蓄電池.net/が参考になりました。

 - ブログ